サロンやクリニックで受けるヒゲ脱毛が痛い場合は麻酔してもらえる?

 

ヒゲやムダ毛の脱毛には、次の3つの種類があります。

 

@エステサロンや脱毛サロンでの「光脱毛」

 

A美容外科、美容皮膚科、美容クリニックといった医療機関での「レーザー脱毛」

 

B一部のサロンや医療機関での「ニードル脱毛」

 

最も皮膚への負担が少なく、痛みもないとされているのが、@の光脱毛です。光のエネルギーを利用して、毛根や毛母細胞にダメージを与える方法です。

 

Aレーザー脱毛も@とよく似た脱毛方法です。違いは使う光です。

 

レーザー光線を使い、脱毛効果は強力です。その分、痛みは強いです。

 

よく「皮膚の上で輪ゴムをパチンとはじいた程度」と表現されます。

 

ただ、痛みの感じ方には個人差があります。また、皮膚の弱い部分など、どこを脱毛するかでも違います。

 

@であってもAであっても、「痛くてたまらなかった」という人もいます。

 

Bの「ニードル脱毛」はかつては唯一の脱毛方法でした。

 

「料金が高い」「担当者には特別なスキルが必要」といったデメリットがあります。

 

何よりも痛みが強いです。特に全身脱毛など広い範囲を脱毛する場合、「施術回数はまだ残っていたけど、我慢できなくて途中でやめた」といった話も聞かれました。

 

そのため、今は採用しているところはすっかり少なくなりました。

 

ただ、手作業で毛穴ひとつずつに細い金属棒を当てていく方法なので、細かい工夫ができます。

 

男性のヒゲ脱毛をやっているところでは比較的多くのところが採用しています。

 

どの方法も、痛みに弱い人も決してあきらめる必要はありません。次のような方法を検討してみましょう。

 

@の光脱毛やAのレーザー脱毛の場合、皮膚に照射する光の出力を調整することができます。

 

もちろん、効果は弱くなり、施術回数が増えることと引き換えになりますが、痛みを軽くすることができます。

 

また、もともと医療機関でしかやっていないレーザー脱毛と、ニードル脱毛でも医療機関でやっている場合は、麻酔を使うことも可能です。

 

麻酔の種類は「局所麻酔」と「麻酔クリーム」のどちらかが使われることが多いようです。

 

局所麻酔は注射で皮膚に送り込みます。比較的狭い範囲の脱毛の場合によく用いられます。

 

麻酔クリームは皮膚の上から塗るだけです。広い範囲の脱毛にはこちらのほうが多いようです。

 

ただ、どの麻酔にするかはその医療機関の方針や本人の希望でも変わります。

 

 

 

 

 

脱毛サロンでヒゲを永久脱毛すると青ヒゲはきれいに解消されるの?

 

半永久・永久に持続する脱毛を受けると、「青ヒゲ」は解消します。

 

ただ、「だからといって、ヒゲが完全に生えなくなるのも嫌だな」「こけのような色が、いくらか薄くなればいいだけなんだけど」という人もいるでしょう。

 

そういった細かいリクエストにもこたえることができます。脱毛といっても、なにも完全にツルツルにするだけではないのです。

 

それらがどうやって可能になるかを理解するために、まずは青ヒゲの基本的なことを思い出してみましょう。

 

「青ヒゲ」とは毛穴の中にあるヒゲの根元(毛根)が、皮膚を通して外から見えている状態です。

 

ですから、肌の色が白めで、ヒゲが太い人ほど青ヒゲが目立つことになります。日本人の場合、皮膚の色は浅めで、ヒゲは黒いです。「最悪の取り合わせ」といったところです。

 

脱毛には「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3種類があります。

 

どの方法であっても、熱を与えることで毛母細胞を変質させて、発毛機能をなくします。毛根自体が消えてなくなります。

 

なので、皮膚の外から、ヒゲの根元が透けて見えることはなくなります。

 

また、毛穴も小さくなります。毛穴の開きも小さくなり、皮膚もスベスベになるというオマケまでついているわけです。

 

もし、「完全にヒゲがなくなるのも避けたい」という場合、次のような2つの方法が考えられます。

 

ひとつは、「光脱毛・レーザー脱毛で、完全に効果を発揮する前に止める」です。

 

これらの方法では、1回の光照射では完全な脱毛にはなりません。

 

いったんは抜けますが、しばらくすると、前よりは弱々しいヒゲが再生します。これを繰り返し、全く生えなくなった時が、施術の完了です。

 

これを自分の望む程度の太さや濃さのヒゲになった時点でやめておくのです。

 

もうひとつは、「ニードル脱毛で、ほおやあごの毛穴のうち、一部だけの発毛機能を止める」です。

 

ニードル脱毛は、極細の金属棒を毛穴に入れ、その先端から発生する熱で、毛母細胞を変質させる方法です。

 

毛穴ひとつずつの手作業なので、「2つに1つだけ発毛機能を止める」といったことも可能なのです。

 

光脱毛はエステサロンや脱毛サロンで採用されています。レーザー脱毛は医療機関(美容皮膚科、美容外科、美容クリニック)です。

 

ニードル脱毛は、一部のサロンや医療機関で採用されています。

 

いずれのところも、無料のカウンセリングを用意しているはずです。

 

まずは、「このお店(クリニック)ではどういったことが可能か」を確認するため、カウンセリングに足を運んでみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

http://メンズ脱毛神戸なら.com/